引っ越し費用を安く抑える方法

引っ越し費用を安く抑える方法

引っ越し費用は安く抑えることができます。その方法を大公開

ホーム

引っ越し費用は安く抑える!どうやって?

引っ越し費用を抑えるポイント
就職・転勤・入学に転向などなど引越しを行わなければならない理由は様々。
でも皆さんに共通していえることは「費用は極力安く済ませたい!」ということ!

やっぱり安く費用を抑えたいのは皆さん同じですよね。

 

では、その肝心な引っ越し費用はどうやって算出されているかというと以下の3つの費用の合計金額が引っ越し費用を算出しています。

運搬費用

国土交通省の約款をもとに引っ越しの距離や時間から算出される費用

 

実費

引っ越しを行う作業員の人件費や梱包の段ボール、有料道路を使った場合の料金など。

 

オプション

エアコンの取り付けや不用品の回収やピアノの運搬を依頼した場合


またこの引越し費用は時期によっても大きく変わってきます。
費用が高くなるのはやはり繁忙期のシーズン。

引越しの繁忙期は入社や入学が多い3月から4月、そして閑散期はそれが落ち着いた5月から6月です。

 

あくまで目安はこの繁忙期と閑散期の相場はこんな感じですね。

 

引越し費用の相場【閑散期】
距離単身者家族(2~4人)
~20km35,000円~45,000円46,000円~62,000円
20~50km43,000円~46,000円52,000円~73,000円
50~200km60,000円~63,000円80,000円~97,000円
200~300km74,000円~82,000円113,000円~163,000円
引越し費用の相場【繁忙期】

距離単身者家族(2~4人)
~20km49,000円~59,000円60,000円~80,000円
20~50km56,000円~60,000円68,000円~95,000円
50~200km78,000円~83,000円105,000円~125,000円
200~300km96,000円~106,000円148,000円~212,000円

hikkosiisoこうやってみると繁忙期と閑散期でだいぶ料金が変わるのがわかります。
ただ繁忙期だからと言って閑散期まで伸ばせるかというと日程の都合上それはなかなか難しいのが引越しです。

そこでこの費用を何とか安く済ませるためのポイントは2つ!

 

  • 安い引越し業者を探すために複数の業者から見積もりを取る
  • 自分でできることは引越し業者に頼まず自分で行う

 

これです!特に多くの業者から見積もりは費用を安く抑えるためのカギを握ります!

 

なぜ多くの業者から見積もりを集める必要があるの?
様々な引越し業者から見積もりを集め比較してみると、「どの業者の費用が安い」のかはっきりします。また後の交渉で「業者間を競合させ更に費用を安くする交渉材料」にもなります。ですから費用を抑えるためには複数の業者から見積を集めることは欠かせません。
この2つを有効活用すればこそ引越し費用を抑えることができるのです

 

見積もりを集めるにはどうしたらいいの?
「よし!じゃあ見積もりを集めてみよう」と引越し業者一社一社に電話したりメールしていては時間がかかってしまいます。

そこで見積もりを集めるのに便利な一括見積サービスを利用しましょう。

これは一度のかんたんな登録でたくさんの業者から見積もりを取ることができるサービスで見積もりをたくさん集めるのにはとても重宝します!
また交渉材料する際にも業者間の競合意識を最初から高められるのというメリットもあります!

 

引っ越し費用を抑えるための見積もりの集め方

ここがポイント
大手業者が多数参加している一括見積もりサイトは業者間の競合が起きやすく引越し費用がを安く抑えやすい傾向にあるといわれています。

また大手企業が運営しているサイトは安心感があり、登録業者もしっかりしているのでトラブルになりにくいというのもポイントです。
大手引っ越し業者一覧

一括査定サイトはサイトごとに登録業者や、依頼した際の特典が違うので2つ3つ掛け持ちして見積もりを集めるとよいでしょう。
大手企業が運営しており、大手引越し業者が参加しているおすすめサイトはこちらです。

 

引っ越し費用見積もり一括サイト


hikkosi

運営会社
株式会社引越し侍(エイチームグループ)

とった見積もりと相場を比較するとどの業者が安くどの業者が高いか最新の情報をチェックできます!


引っ越し侍

運営会社
株式会社引越し侍(エイチームグループ)

業者の料金のほかにサービス内容も十分に検討することができるので、内容にも満足できます。


homes 引っ越し

運営会社
株式会社ネクスト

ホームズだけの限定特典やキャンペーンが多数用意されているのが利用者に好評です!

一括査定サイトの上手な使い方

日時は平日・午後のほうが安い!


引っ越しサイト管理画面
実は引越しの費用は日程や時間によって変わってきます。時間的余裕が少ない午前中、そして多くの人が希望する休日は高め、その逆の平日中・午後(いつでもが最善)は安く料金が設定されています。
ですから安く費用を抑えたいという方は平日・午後がお得です。見積もりの段階で安くしておきたいという方は平日午後を選択しましょう。

自分でできることは自分で!


引っ越し作業はできるだけ自分で
オプションは使わないに越したことはない!これは費用を抑えるための鉄則!上記の画像は引越し価格ガイド登録にあるオプション選択項目です。荷造りや梱包などは自分で行うようにすれば費用をおさえることができます。

引っ越しQ&A

引っ越しに際しての注意事項などをまとめました!

海外引っ越しの注意点


飛行機海外引越で一番気になるのは、料金や配送のことですよね。
料金に関しては、人によって荷物の量の違いもありますし、配送業者が見積もりを無料で受け付けていますので、そちらで詳しく調べられた方が良いと思います。

ただ、配送方法には船便と航空便の二種類があり、船便の場合は体積で、航空便の場合は重量で値段が決まる事だけは頭に入れておきましょう。
ご自分の荷物の量の多さや重さによって、どちらかお得な方を選びましょう。

配送に関しては、たくさんの注意点があります。
まず、海外への引越は、単に「自分の荷物を引越先へ送るだけ」と安易に考えてはいけません。実は、国境を越える引越は、荷物の輸出入に該当するからです。

つまり、持って行きたくても持って行けない観葉植物やペット、引越先の国によっては、出版物やDVDなどにも制限がかかってきます。
おもちゃでも武器の形をしたものは検査が入ったりして、費用や時間を割くはめになりますので、その点に関しても、しっかりと配送業者に相談する等対策をとりましょう。

また、数度に渡る積み替え作業などで、家具はもちろん荷物も壊れる可能性が非常に高いです。また、オーストラリアなどのように植物の輸入にたいして厳しい制限をかけて自然を守っている国などでは、みかんの箱やさくらんぼなどの箱に荷物をつめただけで検査が入ったりします。

対策としては、荷造りも業者に依頼するのが確実でしょう。保険の加入に関する説明もあるので少し楽ですよね。できるだけ自分でするよりも、スムーズな海外引越をするためには、早めの準備と業者の利用が欠かせません。

引っ越しは何日までに業者に依頼?


引っ越しに悩む女性引っ越し日は決まっているけど何日前までに引越業者に依頼したらいいのか分からないという方は多いと思います。
下記にまとめましたので参考にしてみてください。

  • 依頼は早めに

引っ越し日が決まっているのであれば出来るだけ早めに引越業者に依頼した方がいいです。
ダンボールやガムテープなどの梱包資材は引越業者が持ってきてくれるので、家具以外の荷物が多い方などは早めに依頼される事をお薦めします。
ゆっくりと荷造り出来ますし、引越業者的にも早めに依頼を受けた方が段取りを組み易いので、料金が安くなったりします。
単身の方や荷物が少ない方は1週間や数日前などでも十分可能ですが、それでも、料金や荷造りの日数なども変わってきますので早めに依頼さるほうがいいです。

  • 繁忙期と閑散期

繁忙期は就職や進学などの多い2月~4月、閑散期は8月~11月・1月。

繁忙期に引っ越しされる方は注意が必要です。繁忙期は引っ越し直前の依頼を受け付けていない場合が多くなりますので
出来るだけ早めに依頼される事をお薦めします。

また、繁忙期と閑散期では引っ越し料金も大きく変わってきますので出来るだけ8月~11月・1月の閑散期に引っ越しされたほうがいいです。

引っ越しにピアノがある場合は?


piano引越しの際、大きな家具や冷蔵庫などの大型電化製品などを運んでくれる引越し業者の人ならピアノも運べるだろうとお思いかもしれません。

 

電子ピアノやエレクトーンならまだしもグランドピアノは専門の業者でないと後で大きなトラブルが起こったりします。
なので、ピアノの運搬は引越し業者とは別にピアノ専門の業者に頼むようにしましょう。

  • なぜ専門業者に頼むのか?

ピアノは部屋の中で移動するだけでも人手や専門知識が必要です。
ピアノの移動を引越し屋に頼んでしまった場合、引越し作業員が2名しかいなかったら移動するのはまず、無理です。

ピアノ移動の専門業者が2名で作業出来たとしても専門知識や数々の経験、ピアノ専用の道具があるから、なせる業であって
力持ちな人間がただ真似しても出来ません。

また、お家の構造によってはクレーンが必要だったりします。
もしマンションから引越しされるのでしたらピアノがエレベーターに入らない可能性もあるかもしれないので一度専門業者に下見に来てもらうのをお薦めします。

  • 必要な前準備は?

ピアノの蓋や鍵盤蓋の固定、ペダルを養生などで保護、全体にカバーなどを被し、ぶつけても傷がつかない様に保護しておきましょう。
ですが、後で思わぬトラブルが起こらない為にも荷造りもピアノ専門の業者にお願いした方が良いです。

引越しの際、車は?


kuruma引越しする際、車はどうされますか?

 

車で行ける距離なら大丈夫ですが、遠距離の引越しの場合、お仕事の都合や体力的にもキツかったり免許を取ったばかりだったり、運転が苦手、高速道路での運転や長距離運転したことがなかったりと不安要素を抱えてる人は多いです。

 

いくつか方法をまとめましたので参考にしてみてください。

 

  • 誰かに運転してもらう

友達や知人などに頼んで運転してもらう事が可能であれば、いちばん手軽な方法です。
ですが、頼まれた側も何かと気を使ったり
交通費とか謝礼金なども必要になってくるため注意が必要です。
保険の範囲なども確認しておきましょう。

  • 専門の業者に頼む

料金がかかりますが手間が省ける楽な方法です。
引越し業者が車の運搬も対応しているところもありますし
引越しとセットだと割安価格で受け持ってくれるので
一度、引越し業者に聞いてみると良いですね。

  • 車を売る

運搬するには費用がかかるし、ナンバーの書き換えなど変更手続きは面倒、
もしかしたら車庫証明書が必要かもしれません。そんな時は思い切って車を手放すのも手です。
ただし車は高い買い物で巣からそうやすやすと手放すにはもったいない。
車を手放す際はやはり高く買取してもらうにこしたことはありません。
ではどうすれば高く買取してもらえるのか?
こちらのサイトはそういったノウハウが詰まっています。気になる方は要チェック!
 

いかがでしたか、引越し時に車を運搬する方法は複数ありますがご自分の予算や都合によって合ったものを選びましょう。

 

引っ越しは本当に大変な作業。しかも費用がかかります。そんな費用を安く抑える方法を当サイトでは紹介しています。引っ越しの費用を抑える際、一括査定サイトを利用することがオススメ。費用が安い業者を見つけだすことがやはり引っ越しにかかる費用を抑えることができます。また遠距離や海外に引っ越す方でも一括査定を利用することをおすすめします。県内や隣県への引っ越しに比べ遠距離への引っ越しは費用が膨大。ですから極力抑えたいのであればサイト利用は必須です。引っ越しの費用を安く抑える方法はいくつかありますがこれが一番です。ぜひこれから引っ越しされる方はこの方法で費用を抑えましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の投稿
カテゴリー